活動報告

活動報告 2015年

12月

歳神様お迎え準備(氏神さまで餅つき大会)盛大に斎行!(12月20日)

歳神様お迎え準備::イメージ1 歳神様お迎え準備::イメージ2 歳神様お迎え準備::イメージ3 歳神様お迎え準備::イメージ4

昨日は、当社境内にて歳神様お迎え準備(餅つき大会)が行われました。

今年は200名以上の方にお越しいただき、晴天の中、盛大に執り行いました!

まずは、つきたてのお餅を、ご参加いただいた子供達にご神前がお供えをし、神事を斎行しました。

当社のご祭神も、お喜びになっていたのではないでしょうか

その後は、2グループに分かれて、餅つき大会とお正月に関する勉強会・輪飾り作りを行いました。

餅つきグループでは、小さなお子様たちのつく餅は本当に微笑ましく、そして日本の伝統文化を体験していただけたことは、氷川神社の職員としても大変うれしく感じました。

勉強会では、「鏡餅は、なんで丸いのか?」や「お正月に飾る輪飾りや門松の意味」等、興味深そうに聞いていました。

本日、勉強会に参加された皆様には、この日本の古き良き伝統文化を伝えていただきたいと思います。

ページ上部へ戻る

11月

山車・境内清掃活動(焼きイモ)(11月29日)

新嘗祭斎行::イメージ

今年の祭礼の最後の務めとして氷川山車の清掃、並びに境内清掃を神社青年会「ともえ会」を中心に行い、集めた落ち葉で焼きイモをしました。

普段することのない焼きイモに子供達も興奮した様子でした。

貴重な休みにも関わらずご参加いただき、本当にありがとうございました。

新嘗祭斎行(11月23日)

新嘗祭斎行::イメージ

新嘗祭とは、毎年11月23日に新穀の収穫を神様に感謝する大切なお祭りです。今年も収穫を終えたお米を神様にお供えし、感謝の祝詞を奏上致しました。

クリスマスやハロウィンも良いですが、新嘗祭を知らない人達にこの日本を支えてきた感謝の伝統を伝えていきたいものです。

七五三祝詣(11月15日)

古くは「髪置き(3歳)」「袴着(5歳)」「帯解き(7歳)」の祝いといっていました。現在では、その年齢にあたる子どもに晴れ着を着せて、11月15日に神社へ参詣し、子どもの成長と健康を感謝すると共に、今後の成長とさらなる健康を祈願する儀式となりました。

お昼頃からお天気も回復し青空も見え、七五三日和となりました。

ページ上部へ戻る

10月

包丁塚祭斎行(10月3日)

包丁塚祭斎行::イメージ

料理人の魂ともいわれる包丁が境内にある包丁塚に収められており、毎年この時期に包丁塚祭が開催されます。今年も幸いお天気に恵まれ、氏子区域の料亭の料理人20名以上の方にご参列いただき、厳粛に斎行されました。

ページ上部へ戻る

9月

例大祭(9月15日)

例大祭::イメージ

年間を通して行われる祭りの中で最も重要なお祭りが例大祭です。

町会・商店会の代表、氏子企業、行政・議員等、地域の代表者約70名がご参列の中、厳粛に斎行されました。

前日祭(9月14日)

翌日の例大祭を無事迎えられたことへの感謝と、祭典の安全と無事斎行されることを祈願しました。

神幸祭(9月13日)

神幸祭::イメージ1 神幸祭::イメージ2

今年は、氷川山車「猩々」と町会神輿15基との連合巡行を行いました。赤坂氷川神社を出発し、赤坂サカスなどを巡りながら、赤坂の街を盛大に練り歩きました!

子ども神輿・氷川山車との連合巡行(9月12日)

子ども神輿・氷川山車との連合巡行::イメージ1 子ども神輿・氷川山車との連合巡行::イメージ2

宵宮巡行(9月11日)

宵宮巡行::イメージ1 宵宮巡行::イメージ2

恒例となりました金曜日夜の「宵宮巡行」を今年も実施しました。今年は氷川山車『翁二人立』と神輿2基が、一ツ木通り・赤坂界隈を午後6時より巡行しました。

清祓式(9月10日)

清祓式::イメージ

例大祭の準備という位置づけです。例大祭では普段使用しない高坏(たかつき)や唐櫃(からひつ)、四神籏(しじんき)等様々な祭具を全て揃えた上で、祓い清めました。

例年は、9月13日に行いますが、今年は神幸祭が早朝から行われるため、今年は10日に行いました。

ページ上部へ戻る

8月

藍染体験事業(8月9日)

藍染体験事業::イメージ1 藍染体験事業::イメージ2 藍染体験事業::イメージ3 藍染体験事業::イメージ4 藍染体験事業::イメージ3 藍染体験事業::イメージ4

今年も大変蒸し暑い日となりましたが、藍染体験事業を実施しました。今回もともえ会メンバーである㈲温室の塚田さんにご指導いただきました。

正式参拝の後、四合稲荷神社脇にある藍畑に移動し藍染を行いました。そのあと、社務所に移動し、塚田さんにより「藍と縁結び」をテーマに勉強会をしていただきました。

葉っぱから生まれる自然の色にシルク等の布が染まり、何とも言えない発色につくづく感心いたします。

縁結びの神様が見守る境内神域の藍畑でこの貴重な生葉染め体験ができることは、大変貴重な事です。来年度以降も、恒例行事として進めていきたいと思います。

ページ上部へ戻る

7月

神社青年部ともえ会による山車清掃活動(7月26日)

『神社青年部ともえ会による山車清掃活動』::イメージ1 『神社青年部ともえ会による山車清掃活動』::イメージ2

赤坂氷川祭のための本格的な準備となる、氷川山車清掃活動を神社青年部「ともえ会」を中心に行いました。厳しい暑さにも関わらずとても多くの方々にご協力いただき、氷川山車もピカピカになりました。本当にありがとうございました。

また清掃後は、社務所に移動し、祭礼に向けての打ち合わせを行いました。

ご多忙の中、本当にお疲れさまでございました。

ページ上部へ戻る

6月

茅ノ輪作り体験事業(6月24日)

『茅の輪作り体験事業』例祭::イメージ1 『茅の輪作り体験事業』例祭::イメージ2 『茅の輪作り体験事業』例祭::イメージ3 『茅の輪作り体験事業』例祭::イメージ4

6月30日斎行の『夏越の大祓式』にて執り行う「茅の輪くぐり」の茅の輪を星野造園さんのご指導のもと製作体験をしました。

とても蒸し暑い陽気となりましたが、多くの皆様にご参加いただき、茅の輪作りのお手伝いやこの神事に関する由来を勉強し、夏越ごはんの試食をしました。

赤坂氷川神社 平成27年度神社総会開催(6月17日)

赤坂氷川神社 平成27年度神社総会開催::イメージ

平成27年度の総会が開催されました。

昨年度の事業報告・決算報告と今年度の事業計画案・予算案報告をしました。

そして今年の祭礼計画についても審議いたしました。今年のお祭りも盛大なものになりそうです。

神社青年会ともえ会 懇親会(バーベキュー大会)(6月6日)

神社青年会ともえ会 懇親会(バーベキュー大会)::イメージ

ともえ会の年間事業としては最初の活動であります。新緑の清々しい中、ともえ会主催の懇親会(バーベキュー大会)が行われました。

毎年行っている境内清掃は、悪天候のため敢え無く中止となり、懇親会のみの開催となりました。

多くの会員の方にご参加いただき、会員の親睦が深まりました。

ページ上部へ戻る

5月

NPO法人赤坂氷川山車保存会 平成27年度通常総会開催(5月28日)

『NPO法人赤坂氷川山車保存会』総会::イメージ1

NPO法人赤坂氷川山車保存会の平成27年度総会が予定通り開催され、昨年度の事業報告・決算報告と今年度の事業計画案・予算案報告等、全ての議案について全会一致にて承認されました。

今年は特に『猿』山車人形が修復を行います。引き続き地域の伝統文化を継承し、併せて振興に寄与すべく取り組んで参ります。

「西行稲荷神社」例大祭斎行(5月17日)

『西行稲荷神社』例祭::イメージ

境内にある西行稲荷神社 例大祭を執り行いました。赤坂3丁目付近にあった稲荷神社なので、田町三四五町会が中心となり参列されました。
お天気にも恵まれ、厳粛に斎行することができました。

ページ上部へ戻る

4月

『四合稲荷神社』例祭(4月15日)

『四合稲荷神社』例祭::イメージ1 『四合稲荷神社』例祭::イメージ2 『四合稲荷神社』例祭::イメージ3

境内にある四合稲荷神社の例祭を斎行致しました。古くより区内にあった古呂故(ころこ)稲荷、地主(じぬし)稲荷、元氷川稲荷、玉川稲荷、の四社を合祀し、明治31年に建造。幕末より赤坂在住の『勝海舟翁』により「四合稲荷」と称しました。

総代・地元氷川町町会の方々が中心に参列され、神事斎行後は拝殿にて和やかな直会も行われました。

神社青年部ともえ会総会・懇親会(4月13日)

神社青年部ともえ会総会・懇親会::イメージ

神社青年部ともえ会の総会を開催しました。昨年度の活動を振り返り、今年度の活動日程の確認と今年の祭礼計画の情報共有を行いました。引き続き会場を移し、懇親会となりました。

お仕事ご多忙の中、多くの方にご参加いただき、今年度も地域や神社諸行事のためにご協力いただける旨を確認できました。本当にありがとうございます。今年度もよろしくお願い申し上げます!

ページ上部へ戻る

2月

『祈年祭』斎行(2月17日)

「としごいのまつり」ともいいます。その年の五穀豊穣と国家安泰を祈願する重要なお祭りです。神社ではこの神事を「大祭」と位置付けており、11月23日の新穀の収穫に感謝する『新嘗祭』と対になっております。今年も、例年通り斎行いたしました。

『紀元祭』斎行(2月11日)

午前9時より紀元祭を斎行致しました。一般的には「建国記念日」言われていますが、戦前までは、神武天皇が即位し、我が国が国家として成立した建国を祝う日、「紀元節」といわれてきました。神武天皇即位の年から年号を「皇紀」といい、西暦に660年を加えた年度になり、今年は皇紀2675年になります。雅楽の伴奏とともに国家を斉唱し、皇室の弥栄を祈念いたしました。

『節分祭』斎行(2月3日)

節分祭::イメージ1 節分祭::イメージ2

お天気に恵まれましたので、多くの参拝者の皆様にご来社いただき、盛況の内に節分祭を執り行うことができました。

当社では、豆撒きの際、豆の他にお菓子や景品引換券を撒きます。そのため、地域のお子様はもちろん大人の皆様もお楽しみいただいている行事となります。

今年も赤坂小学校3年生のご代表と赤坂親善大使の『アカオくん』に、豆撒きのお手伝いをしていただきました。また、夕方5時斎行ということで足元が暗いため、ともえ会の皆様に警備をしていただき、事故なく安全に斎行することが出来ました。本当にありがとうございました。

ページ上部へ戻る

1月

初詣バス旅行(1月12日)

初詣バス旅行(1月12日)::イメージ

1月12日(祝)、毎年恒例の新春初詣バス旅行を実施しました。

本年は「氷川神社を巡る旅」と題しまして、赤坂氷川神社の本社である武蔵一宮の氷川神社(大宮)を正式参拝した後、奇稲田姫命を主祭神とする氷川女體神社、山車祭りで有名な川越氷川神社を自由参拝致しました。

また、参拝の後は、小江戸川越の街並みを散策しました。次年度も企画しますので、皆様のご参加をお待ちしております。

氷川山車人形『猩々』境内に展示(~1月中旬)

氷川山車人形『猩々』境内に展示(~1月中旬)::イメージ

昨年は「神武天皇」、今年は赤坂表一二町会の「猩々」の山車人形を初詣期間中、展示しました。

この人形は、明治の歌舞伎の人気俳優九代目市川團十郎が、「猩々」の能を豪華な装束をまとって舞っている姿です。かつては、夜と昼との二つの面を持っていたと言われています。

仕事始めの企業参拝(1月5日~)

仕事始めの企業参拝(1月5日~)::イメージ

5日からは企業の仕事始めの御祈願が多くございました。今年もお天気に恵まれましたので、例年以上の参拝を賜りました。世の情勢は変わらず厳しいものがございますが、今年こそ飛躍の年となりますよう祈念いたします。

初詣(1月1日)

初詣(1月1日)::イメージ

あけましておめでとうございます。今年もお天気に恵まれ、除夜から元旦の参拝者は例年よりも長蛇の列となりました。お寒い中での参拝となりますので、ともえ会のメンバーで甘酒の振る舞いを行いました。お手伝いいただきました方々、厳しい寒さの中長時間本当にありがとうございました!

今年は「未年」、未は群れをなすところから「家族の安泰」を表すとされ、いつまでも「平和」に暮らすことを意味しています。厳しい情勢は相変わらずですが、今年一年皆様にとりまして実り豊かな年となりますように…。

ページ上部へ戻る