氷川山車

氷川山車について

赤坂氷川神社に現存する「江戸型山車」

赤坂氷川神社の祭礼は、神社の宮神輿を氏子町赤坂21ヶ町の山車13台が警固の形をとって神領内を巡行しました。その情景は神社拝殿に納められている大絵馬(明治44年奉納・港区文化財指定)に見ることができます。「天下祭」または「御用祭」とは一般的に山王日枝神社・神田神社の祭礼を指しますが、赤坂氷川神社についてもそう呼ばれていいものでした。


山王・神田両社とともに、氷川の山車も「江戸型山車」と呼んでいました。「二輪車の上に三層の構造物がある。この三層部分の最上部は人形の部分であり、つぎの層は水引幕にとりかこまれた枠で、人形はこの二層目の枠内を上下できるようにつくられる。さらに、この人形・水引幕の部分は「折畳まれた」状態で最下部の部分から人形が「せり出す」という二段上下可変式のカラクリ(機構)をもつものである。」と説明しています。つまり、二段の台の上に人形がすわるようになっています。これは将軍の上覧に供するために江戸城の門を入るときの工夫であるといいます。城門をくぐるとき、人形をからくりで下げ、城門をくぐったあとで人形をせり出すというものです。


山車は江戸から東京の著名な神社の多くの祭礼に用いられましたが、今では「山車の多くは東京から主として関東地方一円に流出していった。その最大の理由は「天下祭」「御用祭」の廃絶である。・・・さらに関東大震災・太平洋戦争の災禍を経たため、流出を免れた山車の多くが失われ、現在では都内で山車の完全な姿を残しているのは、千住氷川神社の『静御前』だけとなった」(『江戸型山車のゆくえ』)と述べていますが、都内からほとんど姿を消していったという山車が、赤坂氷川神社には完全な形ではありませんが、9台も現存しています。


現在、各氏子町会のご尽力のもと、うち数台は完全な形ではないにしろ、展示されることもありますが、長柄・土台・車輪の部分が損壊し、また人形座、櫓梁等も充分には原型をとどめていないものも少なくありません。


今後、本格的な『氷川山車』の保存体系を確立することで、様々な関係機関のご協力のもと、この江戸時代から伝わる赤坂の財産を長期的に修復し、今一度、赤坂氷川神社の祭礼にて山車巡行の復興を目指し、後世に伝えていきたいと思います。

氷川山車の変遷について

番号現町名旧町会名 安政2年 文久元年明治44年現在
1番表一二町会表伝馬町一丁目 猩々猩々猩々猩々
2番表一二町会 表伝馬町二丁目
3番伝馬町町会 裏伝馬町一丁目
4番伝馬町町会 裏伝馬町二丁目 源頼義花籠源頼義源頼義
5番──裏伝馬町三丁目 鶴ヶ丘関羽関羽──
6番──元赤坂町 武内宿祢神功皇后武内宿祢──
7番同代地神功皇后
8番赤坂見附会田町一二三丁目 恵比寿恵比寿恵比寿恵比寿
9番田町三四五丁目町会田町四五丁目 弁天武蔵野神武天皇神武天皇
10番一ツ木町会一ツ木 源頼朝源頼朝 源頼朝源頼朝
11番魚店
12番大沢町
13番──西大沢町 恵比寿恵比寿恵比寿──
14番──新町一丁目 諫鼓鶏諫鼓鶏諫鼓鶏──
15番赤坂新二会新町二三丁目 武蔵野翁千年二人立二人立
16番六七丁目町会新町四五丁目 日本武尊日本武尊日本武尊日本武尊
  • 薄緑で色付けされている山車が、現存する9台です。
  • 出典:港区教育委員会『赤坂氷川神社 御用祭と氷川山車』

現存する氷川山車

表一二町会山車

人形

猩々(九代目団十郎)

九代目団十郎が、「猩々」の能を豪華な装束をまとって舞っている姿である。かつては、夜と昼との二つの面を持っていたという。明治の歌舞伎の人気俳優九代目団十郎は、明治30年に没している。

枠組

重層柱立囃子台型 上層は刎高欄、透彫のある三味線胴、囃子台の屋根は黒塗で巴紋があり、唐破風、欄間も透彫で華美、「氷川宮」の横額がかかり、柱は黒塗である。下段の高欄も黒塗である。

上段の幕は生地が白で、それに勝海舟が書いた字を刺繍してある。正面が「勝会」、側面が「氷川」「神社」、裏面が「明治二十年六月五日 表一氏子中」となっており、刺繍は縫秀がやったものである。白の生地で目立つ上、勝海舟の筆ということで貴重がられている。下段の幕は、朱の生地に獅子を刺繍したものである。なお、勝海舟は明治5年から赤坂氷川に住み、明治32年に没している。絵馬とは形式が多少異なり、水引幕も変更している。

伝馬町町会山車

人形

源頼義

源頼義は八幡太郎義家の父親で、陸奥の阿部氏を討ち東国に源氏の地歩を固めた武将である。東国との深い関係や徳川将軍の遠祖だということで、頼義の人形が飾られるのだろう。鎧兜に身を固めて太刀を佩き、強弓を持った凛々しくもきらびやかな姿である。他には見られない唯一の武者姿で、弘化3年(1846)に作られたというが、製作者は不明である。明治38年(1905)に久月によって修復されたという。

枠組

人形座を高くとっている山車で、刎高欄は角が金物、朱塗に飾金ではなやか、三味線胴は黒塗で竜の彫刻がある。囃子台には屋根はないが、欄間を広くとって「氷川宮」の横額がかかげられ、柱類は黒塗である。高欄には凝宝珠がついている。絵馬によると、三層もある高い山車であったという。

朱の一枚の幕で、四面が孤立することなく岩と波とが刺繍され、続き模様となっている。波は金糸の刺繍、岩は黒糸の刺繍である。

赤坂見附会山車

人形

恵比寿

題材の関係から豪華な衣裳を必要としないが、作人にとっては作り甲斐のある拵え物が多い。魚、波、水玉等の差し物は現在地に見られない一つの典型的山車の様式として貴重な存在である。弁天・浦島等は川越その他でも見られるが、単に人形だけのもので、旧来の形式を踏襲している点では出色のものである。この人形は昭和初年作という。

枠組

形式の点からいえば柱建せり出しを上位に据えるべきだが、資料価値としてはこの様式が他に見られない点に注目したい。本山車の岩座は姫小松荒彫り彩色、木寄せ手法も材料の厚みも損傷のため明らかになっている。

高欄は正面だけがわらび型。下部はどのようになっているか推定の域を出ないが、通常この形式は人形岩座の部分に束立箱仕立て(三尺~四尺)の台があり、高欄は台上と平床の二段または平床だけの一段となっている。羽(車)は古くは二輪、明治期は三輪(間羽:あいば)または四輪(四つ羽)が大半を占め、二輪を改修したものも多く見られる。

田町三四五丁目町会

人形

神武天皇 大正四年制作 作者は百雲正だし鉄・山本鉄之

この人形は成田市仲町所蔵の明治35年、村田正親・山本鉄之作の神武と甚だ似ている。近年修理をしたが、それ以前ならさらに多くの類似点が見られたに違いない。金鵄(とび)は光芒附で全く同型である。弓は生木仕立、沓は藁束仕立て金箔捺しである。

一ツ木町会山車

人形

源頼朝 桃柳軒玉山作

玉翁、玉章、玉秀等十軒店玉派。一般には雛人形が主で、大物は手がけないといわれる。近年、面六(谷中初音町一~二三田口俊秀)が修理。立烏帽子の金箔捺し(白拍子用)や虎髭等趣向をこらしている。

枠組

上高欄だけ現存している。刎高欄、束真々四尺五寸(1.36m)は六尺人形の場合の規格どおりである。腰枠組、肘木寸法二尺三寸(70cm)は定式より大きめのため、やや均衡がとれていない。下部全体を組み上げた場合はいっそう目立つに違いない。絵馬によると、この山車は三層の枠組であったという。

上下とも、各面孤立した図柄でなく続き模様になっている。上幕は縦1.5m、横4.5m。猩々緋羅紗 飛鶴縫。下幕は縦1.5m、横5m。萌黄羅紗 雲に波頭縫。総角(揚巻)は浅黄。

台車側板(掛板)角金物、中散らし(木製)が幅一尺二寸(36cm)は、成田七寸、栃木九寸五分と比較すると豪壮である。

赤坂新二会山車

人形

翁二人立

人形座に二つの人形があり、特異な山車といわれている。「翁」の能を演ずる翁と千歳の人形で、かつては「翁」と「千歳」と呼ばれていたという。翁は豪華な能装束をまとい、翁の面を持っている。千歳は能面を持たずに脇にひかえている。

枠組

重層柱立囃子台型、上層の刎高欄は朱塗、角は金物、三味線胴は黒塗で彫物の飾付、中層の高欄も朱塗で擬宝珠がついている。囃子台の屋根の上には巴紋、下には鶴の彫物があり、屋根下には「氷川宮」横額がある。柱は朱塗であるが縁は黄となっている。その高欄は生地のまま、框にも巴紋や彫物が施されているが、素地のままである。下層の高欄は黒塗で擬宝珠がついている。

上段の幕は生地が朱で、舞鶴の図柄で一連となっている。下段の幕は生地が黒で、岩を茶で刺繍し、亀を黄で刺繍している。上下合わせてめでたい鶴亀の幕となっている。

六七丁目町会山車

人形

日本武尊 嘉永六年制作

熊襲退治の女装の尊は珍しい。風俗画報所収の図を見た限りでは被衣を冠った牛若丸と見間違えるほどである。今まで接した日本武尊はすべて剣を携えた青年武神像で、佐倉・佐原・成田・栃木(張飛を直したため髭がある)の山車人形に共通しているのは、その表情が憂慮をたたえていることである。それに対してこの人形は明るく、視線も面白い。衣裳の本金平糸も時代の割に色あせず、被衣は特に良い。

枠組

上高欄・下高欄で組み立てている。高欄は基準通りだが、木割りが細く華奢である。元来は三層であったという。

割模様、一面ごとに図柄がおさまっている。上幕は縦1.3m、横5.13m。猩々緋枠内緑地雲竜縫取玉眼入り。一部は氷川神社拝殿に、額に入れて展示されている。下幕は縦1.26m、横4.61m、猩々緋牡丹に獅子、左下部に新町四丁目五丁目の縫取りがある。

人形心棒の差し代は非常に深く、新調時は笠鉾型ではなかったかと推測される。

  • 上記説明は、港区教育委員会『赤坂氷川神社 御用祭と氷川山車』より