琵琶(びわ)

雅楽の琵琶(「楽琵琶」と呼びます)は絃が4本です。座った両膝の上に水平に構えて演奏します。左手で柱を押さえ、右手の撥(ばち)で絃を上から撫でるように弾き下します。旋律は奏さずに、旋律に沿って音を誘い出すように弾き、主にリズム楽器の役割を果たします。

もとはペルシャ起源の楽器で、シルクロードを経て東方に伝わったものは中国に入って琵琶に発達し、西方に伝わったものはヨーロッパに入ってギターになりました。