鞨鼓(かっこ)

鼓(つづみ)を寸胴にしたようなもので、2本の細いバチで、一定の周期で決まったパターンを繰り返して打ちます。雅楽には指揮者がおりませんので、この鞨鼓が音楽の流れを統制する重要な役割を果たすことになります。よって熟練した奏者が担当することが多いです。

右手で一つか二つポンと打つ「正」と、両手または片手で細かく掻くように打つ「来」という奏法があります。