箏(こと・そう)

13絃からなり、近世邦楽の箏に比べ絃は太く柱は細いです。本体は桐で作られており、爪(つめ:フィンガーピック)は竹の節の部分を小さく削り出した細いものを使用します。琵琶と同じく旋律は演奏せず旋律に沿って決まったリズムを刻み、旋律の速度を決める役割を果たしています。山田流や生田流の箏と区別するために「楽筝(がくそう)」とも言います。

後年、箏の演奏を特に聞かせるために考案された残楽(のこりがく)という演奏形式が、今日の邦楽の箏曲へと展開していきました。