三ノ鼓(さんのつづみ)

上の「鞨鼓」が唐楽の楽曲で用いる打楽器なのに対して、「三ノ鼓」(さんつづみ)は高麗楽の演奏に用いる楽器です。右手の桴(ばち)で右面だけを打ちます。音色は、「鞨鼓」の軽い音と比べて、どちらかというと鈍い音色がしますが、リズミカルでテンポを感じさせるような打ち方をします。鞨鼓同様に音楽の流れを統制する重要な役割を果たします。