笏拍子(しゃくびょうし)

今回は楽器とは多少異なるかもしれませんが、それでは重要な打楽器の一つになります。謡物(うたいもの)である「催馬楽(さいばら)」や「国風歌舞(くにぶりのうたまい)」では、通常の打楽器(太鼓等)は使用せず、この楽器を打って、アクセントをつけます。

主唱者が歌いながら、笏拍子を両手に持って打ち合わせ、「パシッ」という乾いた音を鳴らします。形状は、私たち神職が手に持つ「笏」を縦に半分に割ったような板です。