太鼓(たいこ)

管弦のとき最前列中央に配置されるので、最も目立つものです。炎のような装飾のイメージがあります。波の音を聞いてその音を写したといわれています。

音楽の中で周期の節目を示すとともに、後半終わりに向けて打つ数を加えていくことにより高揚感を与えます。左手で節目の前触れに弱めに「図」と打ち、右手で節目に強く「百」と打ちます。

舞が加わる舞楽では、特大サイズの太鼓(=「大太鼓(だたいこ)」)が使用されます。