塩梅(あんばい)

よく塩加減がちょうど良いときに「いい塩梅」と言います。これは篳篥の奏法、「塩梅(えんばい)」からきていると言われています。穴を押さえる指は変えずに、吹き方の加減で音の高さを変える奏法で、これが「塩梅」です。旋律を特徴づける重要な役目を果たしており、これが上手にできると「良い塩梅」。これが語源といわれています。