二の句が継げない

この言葉は平安時代に出来た朗詠から生まれました。朗詠は漢詩を三つの部分に分けて、順に一の句・二の句・三の句とし、一の句は低音域で歌いますが、二の句は高音域、三の句は中音域で歌います。二の句は高音のまま歌い続けて、息切れしやすく、一の句から急に音域が変わって高い声で歌われ、うまく引き継いで歌うことが難しいことから、声に出せないさまを「二の句が継げない」と言うようになりました。

それから、あきれて次の言葉が出ないことにも、この言葉を使うようになりました。