二の舞

人の後に出てその真似をすること、特に前の人と同じような過ちや失敗をすることを「二の舞を踏む」とか「…の二の舞」などといいます。これは雅楽の中の舞楽「安摩(あま)」に由来します。「安摩」という舞に続いて、「咲面(わらいめん)」と「腫面(はれめん)」をつけた二人が、前に舞った「安摩」のまねをして舞おうとしますが、わざと失敗しながら滑稽に舞います。これを「二の舞」といっていました。