打ち合わせ

物事がうまく運ぶように事前に相談することを「打ち合わせ」といいますが、これも雅楽の演奏に由来する言葉です。合奏のときに、各楽器のリズムを合わせるために、笏拍子(しゃくびょうし)などの打ち物を打って拍子を取ることを「打ち合わせ」といっていたことから、現在のように使われるようになったそうです。