安摩(あま)

林邑の八楽の一つとして仏哲により伝えられ、仁明天皇(在位833~850年)の時、勅命により大戸清上(おおべのきよかみ)が改作したと伝えられています。

舞も残っており左方襲装束の両肩を脱ぎ、冠、巻纓(けんえい)、老懸(おいかけ)を着けて、右手に笏(しゃく)を持って舞います。特に面に特徴があり、滑稽な雑面(ぞうめん)を着けています。舞振りは、地鎮の行為とも、龍女が好む雀の面を着けて龍宮に忍び込み、宝玉を盗みだす様子を表現したものともいわれています。

「安摩」だけ独立して舞われることはほとんどなく「二の舞」と続けて舞われ、「二の舞」は「安摩」の答舞の型となっています。