陪臚(ばいろ)

「越殿楽」などように2拍2拍ではなく、2拍と4拍を交互に繰り返す「只(ただ)拍子」という闊達なリズムで、曲の後半は太鼓もテンポよく打たれます。舞楽もあります。

「蘭陵王(らんりょうおう)」とともに、「林邑八楽(りんゆうはちがく)」の一つに数えられ、天平8(736)年にインドの僧・婆羅門(ばらもん)僧正と林邑(ベトナム)の僧・仏哲(ぶってつ)が四天王寺の楽人に伝えたといわれています。

この曲を七返奏したときに「舎毛音(しゃもうのこえ)」という音があると戦勝するという伝えがあり、聖徳太子が物部守屋を戦ったときもこの音があり、舞はその時の戦を象ったものといわれています。舞の時は、「八多羅(やたら)拍子」(=「やたら○○」の語源になったといわれています)という、より躍動感のあるリズムになり、太刀や鉾、盾を持ちます。