平蛮楽(へいばんらく)

平蛮国で作られたことでこの曲名になったと伝えられています。大国の楽であると『続教訓抄』に記されています。黄鐘調の曲ですが、もともとは呂旋律である水調の曲でした。水調とは唐楽六調子(母調子)以外にあった雅楽の調性で、「枝調子」と呼びます。枝調子の曲は明治撰定の際、母調子の楽曲にまとめられました。平蛮楽の舞は伝わらず、現在は管絃演奏のみの楽曲として伝承されています。非常に長い曲なので、有る程度吹ける人にとって非常に吹き応えのある曲です。