胡蝶(こちょう)

延喜6(906)年に、宇多上皇(うだじょうこう)が童相撲(わらわずもう)に行幸された時、曲を山城守藤原忠房(やましろのかみ ふじわらのただふさ)が作り、舞を式部卿敦実親王(しきぶきょう あつみしんのう)が作ったといわれています。

胡の国の蝶が喜々として遊ぶさまを舞にしたともいわれ、「迦陵頻(かりょうびん)」と共に数少ない童舞です。舞の動きや仕草に愛らしさが感じられ、衣装は、美しい蝶の羽根を背に付け、山吹の花をさした天冠をかぶり、山吹の花の枝を持って舞います。なかなか演奏会でも演じられる機会が少ない曲ですが、5月5日の子どもの日に、春日大社「万葉植物園」で毎年演奏されます