乱声(らんじょう)

龍笛または高麗笛の曲です。舞楽で舞人が舞台に登場するときなどに太鼓と鉦鼓と合奏します。「新楽乱声」「古楽乱声」「小乱声」「安摩乱声」などがあります。

「小乱声」を除いて、笛の追吹(おいぶき)・退吹(おめりぶき)という数人が同じ旋律を少しずつずれして吹く奏法を用い、賑やかにはやし立てる感じがあります。フリーリズムの曲で、非常に指使いが難しく早い演奏のため、暗譜する必要があります。ずらして吹きますが、前の人を追い越してはいけない決まりがあります。