三台塩(さんだいえん)

唐楽の平調の曲です。中国唐の則天武后(在位690〜704年)の作と伝えられ、張文成が『遊仙窟』という恋愛小説を書いて則天武后に献上したところ、大変喜び、その本の内容を曲にしたとされています。日本には犬上是が伝え、襲装束を着て舞ったが、現在は舞は途絶えてしまいました。別名「天寿楽」。