社務所新築事業

社務所新築事業

~現社殿造営の徳川八代将軍吉宗公 将軍即位300年記念事業~

社務所新築 予想完成図
  • 一、事業名

    氷川神社 社務所新築工事

  • 一、竣工予定

    平成28(2016)年1月頃

  • 一、総工費

    3億円

  • 一、勧募期間

    平成22年6月~平成28年9月

社務所新築にあたり

謹啓

氏子崇敬者の皆様におかれましては、益々御清祥のこととお慶び申し上げます。また、平素より赤坂氷川神社に対しましては、何かとご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

近年は、社殿漆塗り替え事業や赤坂氷川山車の復活などが完了いたしましたことは、皆様のご敬神の至情の賜と深く感謝しております。

さて、現在の当神社社務所は昭和35(1960)年に建設され、以来およそ五十年間に亘り神社運営の要として社頭実務・諸行事遂行に使用されて参りましたが、ご周知のとおり神社活性化の一端を担う神前結婚式やご祈祷の対応、様々な教化活動や地域行事との連携など、その利便性がそぐわないと共に、雨漏りや床が抜けるなどの老朽化が著しく、安全面を考慮する上でも新築工事の必要性が生じて参りました。

奇しくも平成28(2016)年は、現社殿を造営されました徳川八代将軍吉宗公が享保元(1716)年将軍職を継がれて参百年という慶祝の年を迎え、その奉祝事業の一環として今後の神社運営に資する社務所の新築を、役員総代会の承認を得、この度本事業を実行する運びとなりました。

新しい社務所には、地域の財産でもあり、近年復活いたしました赤坂氷川山車の人形や飾幕等の展示室(保管施設)も確保し、より一層まちづくりの推進及び学術・文化の振興に寄与したいと考えております。

つきましては、諸事ご多端の折、誠に恐縮に存じますが、何卒事情ご賢察いただきまして、皆様方より温情なるご協賛を賜りたく、ご賛同くださいますよう心よりお願い申し上げます。

謹白
平成二十二年六月吉日
赤坂氷川神社宮司 惠川義昭
赤坂氷川神社総代会会長 石渡光一

ご奉賛のお申込方法

ご奉賛銘板

ご奉賛銘板

ご奉賛金額

一口 5,000円

  • 二口以上の方は、ご奉賛銘板に名入れさせて頂きます。
  • 十口以上の方は、境内にご奉賛板札を掲示させて頂きます。

お申込先

赤坂氷川神社社務所

  • 所定のご奉賛申込書がございます。
  • お振込の場合は、振込用紙の通信欄に必要事項をご記入の上、下記口座番号まで
    お願い申し上げます。

口座番号

さわやか信用金庫 赤坂支店 普通 1214675
赤坂氷川神社 社務所新築 奉賛

必要事項

お名前・ご住所・お電話番号・口数・(二口以上の場合)名入れ文字

ご奉賛受付期間

平成22(2010)年6月~平成27(2015)年12月

お問い合わせは下記までお願い致します。

赤坂氷川神社
赤坂氷川神社総代会
〒107-0052 東京都港区赤坂6-10-12
TEL:03-3583-1935 FAX:03-6441-2118
E-mail: お問い合わせフォームへ