篳篥(ひちりき)

雅楽を聞くと、最も目立つ(大きな音)楽器です。9孔の管楽器で、頭部に平たく潰した葦を刺し込んで主旋律を奏します。この平たく潰したものを「舌(した)」(=「リード」)と呼んでおり、これを演奏前に湿らせて吹きやすいように調整します。

楽器が小さいため、1オクターブあまりしか音程の幅はありません。暁の猿の声を模すとも言われております。

日本では珍しいダブルリード楽器で、「塩梅(えんばい)」という音程を滑らかに変える特徴的な奏法を多用します。これがうまくいくことを「いい塩梅(あんばい)」と言って、今の言葉の語源にもなっているといわれています。