龍笛(りゅうてき)

7孔の竹製の横笛で、2オクターブほどの広い音域をもつ楽器で、その鋭く澄んだ音色は、変化に富んだ旋律を演奏します。鳳凰または龍の声を写したともいわれています。

雅楽における龍笛の役割は、通常、篳篥の主旋律に対して装飾的な旋律を奏でますが、ときには主旋律を奏したり、あるときはソロで奏したりと様々な活躍をみせます。また曲によって、高麗笛(こまぶえ)、神楽笛(かぐらぶえ)を用いることもあります。

『陰陽師』の映画でも登場する横笛の名人・源博雅が愛した楽器が龍笛であると伝えられています。