野暮(やぼ)

管楽器の笙(しょう)は、17本の竹を束ねています。その内の何本かを一緒に押さえることで幻想的な音を出すことができます。それぞれの竹には名称があり、その中に「也(や)」と「毛(もう)」と呼ぶ竹があります。1本の竹でも音が出ますが、この「也・毛」の2本は音が出ません。これは大陸から笙が伝来されてから、日本の音楽に馴染まないため、外されてしまったと伝えられています。以来、「やもう」「やも」「やぼ」と変化して、役に立たない意味となり、無骨な事や事情に通じないことを言う人に「やぼなことを言う」というようになった、といわれる説があります。