延喜楽(えんぎらく)

高麗壱越調の曲で、「花栄楽」とも呼ばれます。高麗楽に分類されますが、日本製の楽曲で、醍醐天皇の御代、延喜8(908)年(平安時代初期)に式部卿敦実親王が舞を、左近少将藤原忠房が作曲したもので年号をとって曲名としています。笛師の建部逆麿が作曲したという説もあります。敦実親王は宇多天皇の皇子(醍醐天皇の異母弟)で、諸芸に通じた人物だったと言われており、他にも「胡蝶」を作りました。

「縁起」とかけられ、左舞の「萬歳楽」の番舞として、慶祝時に演奏されていたようです。舞人は4人、鳥甲を着用し、襲装束の右肩袒で舞います。