春庭楽(しゅんでいらく)

中国唐の則天武后の長寿年間(692〜693年)に作られ、遣唐舞生の久礼真蔵が桓武天皇の延暦年間(782〜805年)に日本へ伝来されたといわれています。太食調の曲でしたが中絶し、仁明天皇(在位833〜850年)の勅により和邇部太田麿、犬上是成らが再興したといわれ、東宮冊立の式(立太子礼)に演じられるのが通例となっています。

左方4人舞の平舞で、楽曲を一帖のみで舞う時を「春庭楽」といい、一帖・二帖続けるときは「春庭花」といいます。春の庭に花と戯れる様子を舞にしたものとされ、後半に舞人が輪になり、花のつぼみが開いて、また萎むさまを表現する振りがあり、華やかは印象の舞です。