春鶯囀(しゅんのうでん)

唐の高宗(649〜683年)が鶯の声を聞いて、楽工白明達に命じて、その鳴き声を曲にしたといわれています。春らしいゆったりした、しかし非常に長い曲で有名な一曲です。

日本では、承和14(847)年に、尾張連浜主は百余歳でこの舞を舞ったと伝えられているそうです。また、内教坊の軟舞で、舞女十人袖をつらねて舞ったともいわれています。

この曲は数少ない全曲伝承の「大曲」の一つです。舞楽は6人で舞い、とにかく長い曲で難しい舞ですので、うまくないと舞い切れません。